TES TOHOKU

太陽光発電システム ペレットボイラ

株式会社テス東北

よくあるご質問
よくあるご質問

太陽光発電、ペレットボイラについて、よくあるご質問と回答をご紹介しています。

太陽光発電についてのQ&A

  • Q. 今、なぜ太陽光発電が注目されているの?

    A. 太陽光発電は、天然資源を消費する火力発電や原子力発電と違い、自然エネルギーである太陽の光で発電するので、環境に有害な物質を排出することがありません。地球環境の保全が重要課題となっている今、太陽光発電が注目され、普及が推進されるのは時代の流れであるといえます。

  • Q. どこのメーカーが良いの?

    A. お客様の屋根の大きさ、形状、希望設置容量、デザイン性などにより、ベストなメーカーを希望されるのが良いかと思います。

  • Q. 発電した電気はためておけるの?

    A. 太陽電池自体に蓄電能力がないので、通常のシステムだけでは電気は貯められません。

  • Q. 発停電の時は使えるの?

    A. 停電時は、パワーコンディショナを自立運転モードに切り替え、緊急用コンセントを使うことができます。晴れた日の日中であれば、最大1,500Wまでご使用になれます。

  • Q. 何年くらい発電できるの?

    A. 各メーカーによって、保証内容や申込方法が異なりますが、国内メーカーのほとんどが10年間のシステム保証を行っております。ソーラーフロンティアは国内で唯一、モジュール出力20年保証を行っていることから、太陽電池の表面が汚れたり、破損したり、又は周辺機器の異常が無ければ、半永久的に発電は行えます。

  • Q. 余った電気はいくらで買取ってもらえるの?

    A. 原則として平成27年3月31日までに電力会社と受給契約の申込みをされる場合は37円/kWh(低圧:10kW未満)で買取ってもらえます。

  • Q. 古い家でも太陽光発電を付けられるの?

    A. 屋根材の種類、屋根面の状態、屋根裏の状態等により、設置可否が判断されます。

  • Q. 設置工事は誰が行なうの?

    A. 各メーカーの施工研修を受講した、屋根・電気工事の認定技術者が行います。

  • Q. 工事はどれくらいかかるの?

    A. 工事は屋根の形状や勾配、設置枚数によって変動しますが、おおむね1日~3日で終了します。その他に足場を設置する際は、設置と解体でさらに前後1日必要になります。その後電力会社との系統連系がありますが、1時間程度で終了します。

ペレットボイラについてのQ&A

  • Q. 木質ペレットって何?

    A. 木質ペレット燃料とは主として、木材の樹皮、木屑、間伐材等を原料として、これを粉砕しペレット状に圧縮成型加工したしものです。種類としては、樹皮だけを原料としたバークペレット、樹皮を除き幹部だけを原料としたホワイトペレット、間伐材などのように木部全体(枝葉除く)を原料とした全木ペレットがあります。

  • Q. 二光製の木質ペレット焚温水ボイラは、どの燃料が使用可能ですか?

    A. バーク、ホワイト、全木のほか、針葉樹・広葉樹を原料としたもの等多くの種類があり、二光製の木質ペレット焚温水ボイラは、全ての木質ペレットに対応できます。

  • Q. ペレット燃料は年間でどの位使用しますか?

    A. 木質ペレット燃料は重油などの化石燃料と比較して、発熱量は約半分ですので、既存施設で年間重油使用量が100kℓ/年でしたら、木質ペレットでは約200t/年の概算予測となります。

  • Q. 木質ペレット焚温水ボイラは何で環境に良いの?

    A. バイオマス(化石資源を除く動植物に由来する有機物でエネルギー源として利用可能なもの)は「カーボンニュートラル」な再生可能エネルギーであり、利用と同時にバイオマスを育成することで排出されるCO2のバランスを考慮しながら使用すれば、追加的なCO2は発生したい為環境に良いとされています。

  • Q. 日常のメンテナンスはどのような事がありますか?

    A. 灰の除去作業が必要です。使用状況、使用ペレットにもよりますが、毎朝又は週に2~3回程度の灰取りが必要です。

  • Q. 灰の処理はどのような方法で行われるのですか?

    A. 排出される灰は油バーナ等の点火装置を一切使用しない為、油分が混じる事が無く肥料として農地に還元できます。または、回収業者に廃棄を依頼することも可能です。

  • Q. 日常のメンテナンス以外に必要なメンテナンスはありますか?

    A. 各部位の清掃。摩擦確認など年に2回程度の定期メンテナンスが必要です。詳細はボイラ台数や地域により異なります。

  • Q. 油焚ボイラと比較しての安全性は?

    A. 固形燃料のため、流動拡散による漏えい・爆発などの危険性は全くありません。又、各種安全装置が組込まれています。(モーター過負荷、空焚き防止、逆火防止、感震器、沸騰防止、三相電源喪失警報、未着火検知、他)

  • Q. 木質ペレット焚温水ボイラは、補助金の対象となりますか?

    A. 対象となります。弊社はこれまで各種補助金の申込~完了まで、全面的にバックアップをさせて頂いております。対象機種は補助金の内容により異なりますので、確認が必要となります。

メールフォーム

その他ご不明な点、ご質問等ございましたら、お気軽にご相談ください。

︿

PAGE TOP